細胞が新しく作り出される時に重要な働きをする葉酸。妊娠した女性は胎児の正常な発育のために積極的な摂取が必要

葉酸と妊娠の関係について

8755a86b9e067acb3590829a30e07802_s

葉酸は、妊娠したら積極的に摂取することが推奨されている栄養素ですが、妊娠して初めて、葉酸の存在を知る人も少なくありません。

葉酸と妊娠にはどのような関係があるのでしょうか。葉酸とは、ビタミンB群のひとつで、葉野菜や豆類、レバーなどに多く含まれている栄養素。

葉酸は赤ちゃんの発育や、血液をつくることに大きく関わっているため、妊娠を希望する女性にとって特に重要なものなのです。

妊娠したら葉酸が必要なのはなぜ?

葉酸は細胞が新しくつくり出される際に必須となる栄養素です。つまり、葉酸は細胞の伝達情報が集まっているDNAの合成に必要なビタミン。

DNAの合成が正常に行われることで、細胞分裂が正常に行われ、赤ちゃんが成長していきます。赤ちゃんの脳や神経が作られる時期はとても早く、妊娠3ヵ月目までにはほとんど出来上がってしまいますので、この時期に葉酸が不足すると脳や神経の形成に異常が起こり、障害のリスクが高まってしまうのです。

具体的には、脊髄の癒合が完全に行われず、本来は脊椎の中にあるはずの脊髄が外にでてしまう「二分脊椎」によりさまざまな神経障害を起こしてしまったり、また、脳の一部が形成されない「無脳症」など。

これらの先天性障害の発症率が、葉酸の摂取率と大きく関係しています。通常、妊娠に気づいた時にはすでに2ヵ月目あたりに入っていることが多いもの。

ですから妊娠を考えている女性、妊娠の可能性がある女性は、先天性障害のリスクをできるだけなくすためにも妊娠がわかる前から常に葉酸を十分に摂取しておくことが重要なのです。

妊娠してなくても摂りたい! 葉酸の効果・効能

妊娠したら、できるだけ早い時期から摂取することが推奨されている葉酸ですが、胎児の正常な発育のためだけでなく、妊婦ではない一般の人々に対してもさまざまな疾病の予防に効果を発揮します。

●貧血の予防
葉酸は赤血球を作るのに欠かせない栄養素。赤血球の寿命は約4ヵ月ですが、新しい赤血球が作られる時に葉酸が不足すると正常な赤血球が作れず、赤血球が正常に機能しなくなり、悪性貧血を起こす原因となります。
●心臓病の予防
血液中に含まれるアミノ酸のひとつであるホモシステインの濃度が上がると心臓病や動脈硬化のリスクが高まります。葉酸はビタミン12、ビタミン6などの栄養素とともにこのホモシステイン濃度を下げる働きがあります。
●子宮頸ガンの予防
葉酸は胎児の成長を助けるだけでなく、子宮の回復にも効果を発揮します。そして子宮頸ガンの予防にも高い効果があることがわかっています。必要な量の葉酸を毎日摂取している女性は、葉酸が不足している女性に比べて子宮頸ガンの発症リスクが低くなります。
●粘膜の健康維持
たんぱく質の合成にも大きく関わっている葉酸は、細胞の入れ替わりが激しい胃や腸、口、舌などの粘膜で影響が出やすく、葉酸不足になると口内炎や舌炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などになりやすいのです。

葉酸は通常の食事をしていればさほど不足することはないのですが、外食やインスタント食品などが多いと十分な量がとれません。また飲酒量が多い人や喫煙者は葉酸の消費量が多くなります。

妊娠中の女性も通常より多めに摂取することが望ましいので、普段から十分な摂取を心がけたいものですね。


97761f65bd732b17f8d6bd6621fca895_s